債務整理経験者がクレジットカードを取得するには

債務整理経験者がクレジットカードを取得するには

債務整理を経験した方は、クレジットカードの取得が難しくなることがあります。しかし、各種サービス料金の支払いや通販を利用する際には、必要に迫られることも多々あるでしょう。必ずしもクレジットカードが取得できないということはありませんので、対策を練り、色々なクレジットカード会社を比較する必要があります。

取得に向けて我慢をする期間

債務整理をした後は、一定期間は信用情報に記載され、クレジットカードの更新や新規申し込みは難しくなります。俗に言う喪中期間で、喪が明けるまではクレジットカードが使えない状態になるでしょう。任意整理、延滞や代位弁済等の情報が信用機関に記載されるのは、最大で5年になります。個人再生や自己破産などの重い債務整理をした方は、銀行や信用金庫が加盟する信用情報機関に7年~10年程度記載されることがありますが、銀行等から発行されるクレジットカードでなければ、5年程度待てばほぼ問題ないと思われます。
喪明け後に、クレジットカードの発行会社が参照する信用情報機関に依頼して情報開示を依頼し、異動情報がないことを確認してください。記載があれば、相手先の金融機関に連絡の上、解決した日付が記載された証明書のコピーを送付して、消去を依頼しましょう。再度確認して、記載がない状態でさまざまなクレジットカード会社を比較し、クレジットカードの申し込みをしましょう。

良い返済履歴を作る

30代以上の場合、信用情報が消去された状態では、債務整理をしたと判断され、最も作りやすいと言われる流通系のクレジットカードも取得が難しい傾向にあります。
クレジットカードの取得に当たり、良い返済履歴を作って、審査に通りやすい状況を作る必要があります。少額のショッピングローン組むか、分割での購入契約をして地道に月々の支払日を守り、良い履歴を作りましょう。
最も身近な分割購入契約は、携帯電話やスマートフォンの分割契約です。信用情報に事故情報がなければ、契約しやすい傾向があります。ただ、分割契約で支払えなかったことがあるのであれば、社内情報が残っている可能性があるので、他の携帯キャリア会社で申し込むようにしてください。また、通信料金に未払い分がある場合は、信用情報には記載されませんが、携帯キャリア会社が相互に情報を把握できるシステムがありますので、支払いを済ませておかないと難しいでしょう。

消費者金融系のクレジットカードを取得する

ショッピングローンや分割契約が難しい場合には、消費者金融系のクレジットカードを比較・検討するといいでしょう。
消費者金融系のクレジットカードは、カードローンにショッピング機能がついた独特のカードで、ポイントサービスや付帯保険などの特典については、一切ありません。また、カードローンが主体となるため、専業主婦や無職の方は加入できません。
一般的なクレジットカードと違い、支払い履歴の有無よりも、申し込み日現在に支払い能力があるかが重視されますので、アルバイトやパートの方でも加入できます。在籍確認は必須ですし、使う目的についても詳しく聞かれることがありますが、最短で即日審査や発行が可能になるため、急いでいる方にも向いています。
月々の支払いをすれば、信用情報に記録が残り、2枚目のクレジットカードの取得も容易でしょう。事前や繰上返済も手続きもなく自由にできますので、使い勝手の良いカードと評価されています。