クレジットカードの特典を使いこなそう

クレジットカードの特典で比較

大きな額の買い物をするとき、クレジットカードがあれば多額の現金を持ち歩かずに済むので安心です。購入した金額に合わせてポイントやマイルが貯まるのも嬉しい特典です。カードの作り方、特典について比較してまとめました。

クレジットカードの契約

クレジットカードを作成できるのは18歳以上です。入会には審査があり、許可が出た人にだけカードが発行されます。入会時には、勤務先と年収を申告する必要があります。安定した収入のない人は、お金の支払い能力が無いとみなされるので、クレジットカードが発行されません。クレジットカードを持っていることは、社会的な信用やステータスになるのです。
専門学校生や大学生だとまだ社会に出ていないので、勤務先や年収は申告できませんが、学生向けのクレジットカードがあります。通っている学校名や年次を申告したり、保護者のサインを貰えば、学生のうちからクレジットカードを持てます。毎月使える限度額が10万以下と少ない金額ですが、審査がそれほど厳しくないのも特長です。

クレジットカードのポイントを比較

クレジットカードの使用額に従って、ポイントが付きます。一般的には、使用金額の0.5%~1%程度がポイントに加算されます。つまり、1万円使ったら、100ポイント貯まるということです。貯まったポイントは、支払いの代わりにしたり、航空会社のマイレージに加えたりできます。家賃や光熱費の支払いをクレジットカード払いにすれば、大きな買い物をしなくてもポイントが貯まるようになります。貯めたポイントをマイルに変えて海外旅行を楽しむ人もいます。
クレジットカードの種類によって、ポイントの加算率や使用先に特長が出ます。航空会社の発行しているカードだと、マイルの加算率が2%にアップしたり、石油系会社のカードだと、ガソリンスタンドでのポイント加算率がアップする、という具合です。

クレジットカードのステータス

クレジットカードには年会費があり、1年に1回、支払う必要があります。年会費がもともと無料のものや、年に1度カードを使用すれば年会費が無料になるサービスがあります。コストパフォーマンスを考えれば、年会費無料のカードを作るとお得です。
中には、年会費が数万円を超えるものもあります。年会費が掛かる分、ポイントの加算率が高くなったり、高級レストランの優先予約や飛行機のアーリーチェックイン、コンシェルジュサービスの特典があります。頻繁に飛行機に乗ったり、お客さんを接待する機会の多い人は、年会費に見合うサービスを受けられると考えて入会するでしょう。ゴールドカード、プラチナカードとなると、年会費が嵩みます。カードを維持するだけでもお金が掛かるため、持っていることが社会的なステータスであると思う人もいます。